河西 麻希(かさい まき)
神奈川県出身。横浜隼人高等学校卒業。
1997年 昭和音楽大学入学。
1999年 第9回 日本クラシック音楽コンクール 第3位。
2001年 昭和音楽大学器楽学科演奏家コースを卒業。同時に特別賞受賞。
2002年 昭和音楽大学音楽専攻科修了。同時に学長賞受賞。 在学中、同大学オーケストラと共演。

第12回 日本クラシック音楽コンクール 第1位。
2004年 初のソロアルバム「風の旋律」リリース!
2007年 2月にラトヴィアで行われた第5回 国祭サクソフォーンフェスティバル「サクソフォニア」に日本人初で招聘される。
オープニングコンサートではソリストとして演奏。

またラトヴィアのリガ、マサラツァ、グルベネ、イアツァヴァでリサイタルを行い好評を得る。
作曲家と一体となったオーケストラ「アンサンブル・ロカ」メンバー。

同年、 同オーケストラと金井勇氏の新作サクソフォン協奏曲を初演。
2008年 ラトヴィアで行なわれた国際宗教音楽祭に出演。
ラトヴィア国立合唱団・リガサクソフォーンカルテット・エルサレムサクソフォーンカルテット等と共演。

同年、「自然と神秘と宇宙」をテーマにした癒し系ユニット「Laluna」(ラルナ)結成。
全てオリジナルのミニアルバム「Naturalious」(ナチュラリアス)発売。
2010年 作曲家・船橋登美子氏との書き下ろし作品アルバム「猫・ねこ・ネコ」をリリース!

同年、河西麻希全曲初演リサイタルを開催し好評を得る。
2011年 ユニット「Laluna」(ラルナ)でのセカンドアルバム「WidenWorld」(ワイデン・ワールド)発売。
サクソフォーンを渡辺美輪子、岡崎美絵子、宗貞啓二、福本信太郎、田中靖人の各氏に師事。 室内楽を彦坂眞一郎、武藤賢一郎の各氏に師事。